音楽に興味のなかった高校までの道のりを一変させたラップミュージック。それからはどっぷり音楽へのめり込み、ラッパー「CHIN-HURTZ(チンハーツ)」として姿を変える。

自主レーベル:FUNKARATT(ファンカラット)を立ち上げ、METEORと共にアルバム「DIAMOND」をリリース、活発に活動するようになる。「CHIN-HURTZ PARTY」と大それた名前のイベントを企画し話題を呼んだのもその頃だ。

2016年6月には元々近い存在であったKLOVAL RECORDSと手を組み、1st Single「海賊の歌(Pro.PUNPEE)」 をリリース。2019年1月にはMETEOR & CHIN-HURTZとしての1st Album「喰う寝る飲む出す」をリリース。

そして、2019年秋、遂に待望のソロアルバム「RESTART」を発表する、今後更に注目を集めるだろう。