悪霊退治PART.0


まず、事の経緯から説明しよう。

悪霊退治シリーズが生まれるきっかけとなったのは、2019 年1月にリリースされたMETEOR&CHIN-HURTZ 1st Album“喰う寝る飲む出す”に収録されている「初日の出」という曲のレコーディングをしていた時だった。

実は、この曲にも悪霊が存在するのだ・・・

→【悪霊退治PART.0】へ

悪霊退治PART.1


やはり、シリーズものにしていくには「設定」が重要である。

悪霊退治をやっていく上での骨組みを話し合った。

初めて作る悪霊退治PART.1は、そういった我々の立ち位置とバックグランドを重要視した曲になっている・・・

→【悪霊退治PART.1】へ

悪霊退治PART.2

悪霊は、放っておくとどんどん成長、増殖を繰り返し、精神的に蝕まれると日常生活にも支障をきたす。

虫歯だったり、風邪もそのうち治ると思っているとどんどん悪化し、気づけばとんでもない苦痛を強いられたりもする。

つまり、早期解決、対応が最善の策であり、何より自分に取り憑かれている事に気づく事が重要である。

見えない悪霊を見ること、その悪霊を観察し、知る事。まずは師匠に、その眼力を養う事から始めるよう、基礎を伝授された・・・

→【悪霊退治PART.2】へ

悪霊退治PART.3

悪霊退治見習いCHIN-HURTZも、駆け出しの頃よりレベルが少し上がり、それなりの悪霊と戦えるようになった頃、事件は起きた。

師匠とバカンスを楽しんでいた時、突然悪霊に襲われたのだ。

こいつは今まで倒してきた悪霊とは、比べものにならず、師匠いわく地獄から脱走してきた悪霊だった。

このレベルの悪霊は少し強くなった程度のCHIN-HURTZでは、まったく歯が立たないのは明白だった・・・

→【悪霊退治PART.3】へ

悪霊退治PART.4

CHIN-HURTZはMETEORと行動を共にして気づいた事があった。

言うまでもなくCHIN-HURTZの属性は「光」。光と闇属性は相反する関係にあり、お互いの攻撃が増幅され、その2種がぶつかれば強打の応酬である。

まだ経験の少ないCHIN-HURTZにとっては、それなりに強い悪霊が出てくれば、すべての攻撃がクリティカルで入ってしまい、弱った体をすぐに乗っ取られてしまう。

これでは師匠の足を引っ張ってしまうと、CHIN-HURTZは苦悩を強いられているのであった・・・

→【悪霊退治PART.4】へ

悪霊退治PART.5

今回は「ゲームの悪霊」である。

ゲームの悪霊の検証・退治の依頼を受け、METEORとCHIN-HURTZは、3日間耐久でゲームをし続けた。。。

すると突然、テレビが口を大きく開けて2人を食べてしまった。

あぁぁぁぁ〜れぇぇぇぇ〜!!?

迷い込んだのは大草原のフィールド、どこに行っていいかもわからないほど見渡す限り草原が続いていた・・・

→【悪霊退治PART.5】へ

悪霊退治PART.6

一つ言っておこう。

このPART.6は未来の話である。

未来の話ゆえ、今のCHIN-HURTZには想像でしか語る事はできない。言ってしまえばPART.6の内容を「想像で解説」することしかできない。

どのくらいの未来の話かもわからないし、実際本当にそうなるのかもわからない・・・

→【悪霊退治PART.6】へ

悪霊退治PART.7

これまで散々悪霊を退治してきたMETEORとCHIN-HURTZだが、今回一つの転機が訪れる。

愛と憎しみは紙一重。

人を愛するがゆえ、その大切な人を失った時の悲しみが憎しみへと変わり、悪霊と化してしまった。

今回はそんな悪霊と一戦交えるお話である・・・

→【悪霊退治PART.7】へ

悪霊退治PART.8


何者かによって地獄の門が開かれた。

地獄の門は協会の管理下にあり、普段固く閉ざされている。悪霊を地獄に投獄する際に、開閉を行なっている。その際に若干の悪霊が逃げ出す事もしばしばあるらしい。

だが、その日は地獄の門が開けっぱなしの状態で放置されていたという。見張りをしていた協会の霊媒師達は、見るも無残に、門の周辺に倒れていた。

門からは大量の悪霊が逃げ出し、人間界へと侵入していく。

悪霊大戦勃発である。

その悪霊達が侵入してくる穴の近くに居合わせたのはMETEORとCHIN-HURTZであった・・・

→【悪霊退治PART.8】へ

悪霊退治PART.9

悪霊大戦は終結した。

地獄の門から溢れ出た悪霊はMETEORとCHIN-HURTZによって倒された。そして、それと同時にMETEORとCHIN-HURTZはすべての力を使い果たしてしまった。

「憑依」が禁術として定められている理由の一つに、肉体へ多大な負荷がかかり、術者の体を蝕んでいく事があげられる。

悪霊大戦を長時間、憑依で戦い抜いたCHIN-HURTZの体はボロボロでMETEORよりも、症状は深刻であった。METEORはやはり百戦錬磨と言われるだけあって、全治2週間くらいで完治したのであった・・・

→【悪霊退治PART.9】へ

悪霊退治PART.10

悪霊大戦から時は流れ。。。10年後(PART.10だけに)

また、METEORとCHIN-HURTZの悪霊退治が始まるのであった。

第二章突入!

悪霊大戦から霊力を失ってしまったCHIN-HURTZは、もう2度と霊力が戻らないと思われていた。

METEORとCHIN-HURTZは伝説の霊媒師、鎮座DOPENESS仙人を10年間に渡り探し歩き、ある泥棒市場にて仙人を発見するのであった・・・

→【悪霊退治PART.10】へ

悪霊退治PART.11


2018年に行われた”ブギーマン除霊大作戦”では、日本国内に居る霊能者のほとんどに出動要請があったという。

これはその日、大除霊に呼ばれなかった4人の霊能者達の物語。

ガイストクリーニングの社長からの直々の依頼で、御苑前の雑居ビルに集合したメテオ、チンハーツ、ダースレイダー、チカシー。

今日の仕事は、そのビルに出没する低級霊Xの掃除であった・・・

→【悪霊退治PART.11】へ

悪霊退治PART.12

雪が辺りを覆い尽くす。

いつになっても春が来ない。

これは悪霊の仕業である。

今回、メテオとチンハーツが依頼を請け負ったのはこの大寒波の大元“冬将軍”の討伐であった・・・

→【悪霊退治PART.12】へ

悪霊退治PART.13

チンハーツ「うーむ。メテオ師匠のヒラツカの悪霊どうすれば倒せるかー。。。まずいなーこれじゃーこれから作る曲平塚ばっかになってしまう。。。平塚。。。ヒラツカ。。。」

。。。

チンハーツ「ヒラツカ。。。開くか?チャクラ。。。チャクラヒラクが!倒すヒラツカ!おーーーー!!!」

チンハーツ「これは新しい技!名付けてライム召喚だ!チャクラヒラクが倒すヒラツカ!※チャクラヒラクさんにお願いしよう。」

※チャクラヒラク-チンハーツと仲の良い霊媒師の先輩で、昔からチャクラの開き方をしばしば教わりに行っている。よくサウナも一緒に行くらしい・・・

→【悪霊退治PART.13】へ

悪霊退治PART.14

一難去ってまた一難。

さて、メテオの平塚の悪霊も去って行って、次に待ち受けていたのは災害の悪霊であった。

我々の住むこの日本という島国は、古来より地震や台風、洪水、津波といった自然の猛威と戦って来た。

時代を遡れば自然災害は悪霊とされ、それを鎮めるために生贄を差し出したり、神を祀って祈りを捧げたりと、様々な風習が残っている。

→【悪霊退治PART.14】へ

悪霊退治PART.17 – 緊急事態コロナ編 –

さて、本作は「過去の夏の話」をして悪霊コロナを追っ払おうというテーマを下に作られた、なんでもありのサマーチューンである。

今回は、けんたっくとメテオが曲中でも取り上げている「お祭り」に行った時の話をしよう・・・

→【悪霊退治PART.17】へ